電話でカウンセラーに相談する1番の効果はリラックスした状態で話せること

電話カウンセリングの1番の効果と言えるのが、カウンセラーと直接顔を合わせなくても相談できるという点です。クライアントにとっては、カウンセラーに相談する内容によってデリケートな問題も非常に多いものです。

たとえば統合失調症、発達障害、アスペルガー、インナーチャイルド、アダルトチルドレン、依存症、精神障害、うつ病といった症状で、カウンセラーとまともに面と向かって相談するのは辛いという場合もあります。

また異性(男女)関係の悩みや夫婦間の問題、家庭や子育て、親族関係の悩み、職場の悩みなどデリケートな問題もあります。人見知りの方であればなおさらです。

電話カウンセリングは、自宅にいながらでもカウンセラーと話をしたり相談したりするのが可能なので、無理な緊張感もなく自分のペースでとてもリラックスした状態で話をする事ができます。

たとえば自分にとってごく小さな悩みや心の引っ掛かり、心のモヤモヤ感などちょっとしたことを話したい時。またライフケアやメンタルケア的な人生相談や、とにかく色々と話しを聞いて欲しい、ストレートに話しをしてスッキリしたいという方にも効果的です。

もちろんリラックスした状態なので、抱えている悩みや問題解決への効果も非常に高いと言えます。「正直言って緊張しやすい」という方は、リラックス効果もあり自然体で話ができる電話相談がおすすめです。

カウンセラーと電話で話すのに慣れてきたら、対面式に切り替えるというのがベストな流れと言えるでしょう。

対面カウンセリングとの違いはカウンセラーの顔を見ないで相談できること


電話カウンセリングの効果やメリットでも紹介してきましたが、対面式との大きな違いはカウンセラーの顔を見ないで声のみ(通話だけ)でカウンセラーに相談ができるという点です。

また「対面式でカウンセラーに直接合うと、どうしても緊張してしまう」という方も少なくありません。そのため直接カウンセラーに合うことで、相談したい(話したい)ことや伝えたいことが上手に伝わらず、悩みや問題解決に対して遠回りしてしまう可能性もあります。

そういった意味では、いきなりカウンセラーと対面するのではなく「声のみ」という電話で会話を進める特徴を活かすという方法もおすすめです。

たとえば何度かカウンセラーと電話で精神療法やメンタルケア・サポートを受けた後に、対面式の相談に切り替えるというケースがあります。

それはカウンセラーと電話で話すのに慣れてきたから対面式に切り替えるというケースなのですが、そのうちの何人かの方はいざ実際にお会いしてみると、とても言葉数が少なく緊張していているという場合もあります。

そういう方の場合、最初から無理に対面式にしてカウンセラーを目の前にしてしまうと、自分の悩みや問題をすべて伝えたくてもうまく伝えられないという事態が起きてしまいます。

カウンセラーから電話でメンタルケア・サポートを受けるのは、顔や姿が見えないという点で情報が少なくなってしまう(デメリットになる)と思われがちですが、実は緊張しやすい性格の方によっては、電話式の方が気楽で(安心して)素直にカウンセラーと話ができるという大きなメリットがあります。