人間関係の悩みや問題を解決して一回り大きく成長した女性

こんなことで悩んでいませんか?

人間関係カウンセリングで対象となる問題は様々ですが、クライアント様からご相談頂いている事例などをまとめると以下のようなケースになります。

  • 会社での人間関係が苦手で部下や同僚、上司とコミュニケーションが取れない。
  • 働ことは好きだが周りの人間と上手く付き合えず転職を繰り返している。
  • 職場や学校でいじめの対象になっていて毎日辛い生活を送っている。
  • 人と話すとき、相手にどう思われるかが気になり思っていることが言えない。
  • 友人や恋人ができない、できてもすぐに嫌われてしまう(振られてしまう)。
  • コミュニケーションをとることが億劫で人を信じることができない。
  • 近所付き合いや学校関連の付き合い、親戚付き合いなどとても苦痛に感じる。
  • 友人や知人、学校や職場関連の人との繋がりが面倒で精神的に疲れている。
  • 家族間の人間関係(暴力、機能不全家族、離婚問題、跡継ぎ問題、遺産問題など)。
  • 人間関係の悩みが原因で病気(うつ病、カサンドラ症候群、精神疾患、不安障害、適応障害、対人恐怖症、依存症など)を発症している。
など、その他人間関係(対人関係)に関するどのような問題についても幅広く対応しております。

人間関係カウンセリングのサービス概要

人間関係カウンセリングのサービス概要説明図
人間関係カウンセリングとは、日常の生活に関係する人間(夫婦、親子、兄弟、姉妹、家族、義父母、恋人、友人、知人、親戚、学校、会社、職場、ご近所、ママ友、サークルなど)との間に抱える様々な問題解決のため、お一人で受けて頂くカウンセリングです。

 

もちろん状況によっては、関係する人を同席したうえでの同時カウンセリングを受けて頂くことも可能です。

 

人と人との間で起こる問題はとても複雑なものです。

 

また自分の人間関係の範囲というものも、実は意外に狭い世界であって、ちょっとした言動や行動の影響が大きくなるため、視野を広げ全体を冷静に見て考えることが難しいため、なかなか人間関係の問題の解決に向かうことができません。

 

そのような状態の中でも、第三者である心理カウンセラーがサポートすることで、複雑な人間関係問題の解決のために幅広い視点や考え方で、クライアントに合わせた適切な考え方や行動方法をアドバイスすることができます。

 

基本的に人間関係で起こるあらゆる問題や悩みについてご相談が可能です。

 

人間関係の問題はメンタル的に見てもデリケートな部分が多く見られるため、まずは現在の状況やこれまでの過程、今の気持ちや考え方などを詳しく伺い、どのような着地点での解決方法が良いのか?を深堀りしながら慎重に進めていきます。

 

人間関係で抱える悩みや問題を解決し、円滑で良好な人間関係を築けていけるようカウンセリングを通じて誠心誠意サポートさせて頂きます。

人間関係カウンセリングの構造・考え方

人間関係カウンセリングの構造・考え方説明図
人間関係カウンセリングは、基本的にクライアントお一人で受けて頂くスタイルになります。

 

もちろん関係する人が同席して、複数人でのカウンセリングを受けて頂くケースもあります。

 

はじめに自分がどのような人間関係の問題を抱えているのか?それに対して自分がどう感じているのか?またどんな考え方や捉え方をしているのか?といった部分をある程度オープンにした形で進めていきます。

 

「話をオープンにするのは抵抗がある」という方もいらっしゃいますが、クライアント自身が抱えている問題なので、人間関係の問題の解決には考え方や捉え方、性格、悩みや問題をある程度オープンにする必要があります。

 

なぜなら、それらをオープンにせず隠した状態でカウンセリングをしても、悩みや問題の根本的な解決ができないからです。

 

そもそもカウンセラーは、裁判官や検事、弁護士といった専門家ではないので、クライアントの抱える悩みや問題に対して、妥当な結論を明確に出すという立場ではありません。

 

人の数だけ人は悩みや問題を抱えていると言われています。

 

また人は、それぞれ生まれ育った地域や環境、性格や性別、見た目や性格も違い、幼少~学生~社会人と人生を重ねていく中で様々な経験をしていく中、生きていれば人間同士の摩擦は必ず起こると言えるでしょう。

 

そんな人間関係の摩擦が辛い、苦しいと感じるのは自然なことなのかも知れません。

 

しかし人間関係の問題やトラブルをそのままにしておくことはとても危険で、それが後々悪い方向に大きく発展する可能性があります。

 

もちろんそこには、必ず何かしらの原因があります。

 

それらの原因を明確にし、目先の問題解決だけでなく本質的、根本的な部分から心理的な分析を行い、最終的には自分自身が理解、納得できる解決の着地点について話し合いを進めていきます。

 

人間関係カウンセリングを通じ、ものの考え方や捉え方、問題を引き寄せてしまった性格の改善、また自分自身を客観的に見つめ直す機会を作っていきます。

 

さらに精神面での強化、安定、そして将来に対するネガティブ思考をポジティブ思考に変えるスキルを身に付けていくサポートも進めていきます。

人間関係に関連する相談事例

人間関係で問題になるのは様々なケースがありますが、ここでは人間関係カウンセリングで実際に相談を受けた事例をご紹介します。

【相談事例①】人間関係を良くしたい。発達障害がありADHDの私はどうすればいいでしょうか?(熊本県20代女性)

発達障害やADHDで人間関係の悩みを抱えている20代の女性

私は26歳で、現在は障害者専門の就労施設に通っています。発達障害がありADHDの診断も出ています。子供の頃はそれほど気にはならなかったのですが、高校生2年生の時に人間関係につまずきうつになりました。その後東京の大学に進学しましたが、対人恐怖の発症や、うつの影響による思考力の低下、過呼吸、また死にたいと思う希死念慮などもあり精神的に苦しい状態は続きました。大学をやめて地元に戻りましたが、対人恐怖や治らず希死念慮なども続きました。そんな中でも、これから先も人と関わらないで生きることはできないと考えてアルバイトを始めましたが、精神状態が悪いまま働いていたため職場に馴染めず、仕事でもミスを起こしてばかりでした。


【相談事例②】大学受験を控えている浪人生ですが人間関係の構築ができず悩んでいます。(大阪府10代男性)

子供の頃から人間関係の構築ができずに苦しんでいる10代の男性

僕は大学受験を目前に控えている浪人生です。本来なら勉強に集中するべき時期なのですが、どうしても気になることがあるので相談させて頂きます。僕は人とコミュニケーションを取るのが苦手で、子供の頃から人間関係の構築に失敗ばかりしています。中学くらいまではゲームやマンガ、読書が好きで、同じような趣味を持つ友達と関わり合うことはありましたが、積極的に関わり合いたくはなかったので、基本的には1人で行動していました。ただ中学を卒業する頃に、「このままではまともな大人になれない」と感じ、高校からは心機一転積極的に人と関わろうと決心しました。


【相談事例③】人間関係に馴染めず辛いです。これからの人生どうすればいいか分からず困っています。(東京都30代女性)

人間関係に馴染めず辛い日々を過ごす30代の女性

今年で36歳になります。私は昔から人見知りで引っ込み思案でした。小学生の時に自律神経失調症になり、4年生の夏から6年生の秋頃まで不登校になりました。中学生になる頃には、すっかり人が怖くなり、自分の気持ちを誰かに打ち明けることもなく自分を守ってきました。それは高校生から専門学校に入るまで続きましたが、専門学校でも結局人間関係に馴染むことができず中退しました。専門学校中退後はコンビニのアルバイトなどフリーターを経験し、その数年後に食品会社の正社員になりました。今はその食品会社で販売の管理職を任されています。


【相談事例④】親から精神的虐待を受けていました。誰も私の悩みや辛さを分かってくれません。(埼玉県40代男性)

幼少の頃からの虐待により友達がひとりもいない40代の男性

私は幼少の頃から放任、無関心、無視といった精神的虐待(ネグレクト)を受けていました。小学校から高校までの人間関係はとても辛く、毎日いじめを受け続けるような生活をしてきました。いじめを受け続けても無理をしていい顔をすることを続けていましたが、20歳になる頃に精神的な辛さから幻想や妄想が強くなるという症状が起こりました。誰もいないのになんとなく人の声が聞こえてきたり、近所を歩いていると誰かに襲われると感じたりしたことが度々ありました。これは普通ではないと思い病院に行ったところ、統合失調症の診断を受けました。


【相談事例⑤】人間関係のもつれから抗うつ状態に。適応障害を繰り返す私はどう対処すれば上手く生きていけるのでしょうか?(神奈川県30代女性)

人間関係のもつれから抗うつ状態になり辛い毎日を過ごしている30代の女性

現在32歳独身です。大学に通っていましたが、ある時から通学や講義がとても辛く感じるようになりました。毎日ではなかったのですが、憂鬱になったり湧き上がる不安感を強く感じるようになりました。結局は大学を続けることができず中退してしまいました。その後は主にパートで仕事をしていましたが、最初の職場で人間関係のもつれから抗うつ状態になりました。それをきっかけに気分の波が激しくなり、良くなったり悪くなったりと、とても仕事ができる状況ではなくなりました。その後は何度も転職を繰り返しましたが、今の職場では人間関係のもつれや激務などはまったくなく、一般的に見てもとても恵まれた環境だと感じています。

相談できるカウンセラー

    • カウンセラー杉本もゆる

カウンセリング料金

カウンセリング料金を説明する女性
人間関係カウンセリングは、電話、対面、メール、心理テスト+カウンセリングからお選び頂けます。

電話カウンセリング
  • 60分コース(9時~21時 10,000円、21時~9時 13,000円)

▶電話カウンセリングの詳細はこちら

対面カウンセリング
  • 60分コース(9時~21時 15,000円、21時~9時 19,500円)

▶対面カウンセリングの詳細はこちら

メールカウンセリング
  • 1往復まで(2,000円)

▶メールカウンセリングの詳細はこちら

心理テスト+カウンセリング
  • 心理テスト+電話カウンセリング90分(20,000円)

▶心理テスト+カウンセリングの詳細はこちら

人間関係カウンセリングの流れ

  1. ①お申し込みはお電話、メール、LINEから

    お申し込みはお電話、メール、LINEから
    人間関係カウンセリングのお申し込みは、お電話、メール、LINEから可能で、全国対応24時間で受け付けております。

     

    ご希望の日時、カウンセリングスタイル(電話、対面、メール、心理テストなど)、担当カウンセラーをお伝え下さい。

     

    受け付け電話番号、専用フォームでのお申込みなど、詳しくは下記(次の項目)の「お申込み方法」をご確認下さい。

  2. ②スケジュールを確認し折り返しご連絡

    スケジュールを確認し折り返しご連絡
    お申し込みを頂いた後、ご希望の日時とカウンセリングスタイル、担当カウンセラーのスケジュールを確認し、お支払い方法などと合わせて折り返しご連絡いたします。

     

    ご連絡いたしました日時でご了承頂けますと予約完了となります。当日のお時間までしばらくお待ち下さい。

     

    状況により、ご希望の日時で予約をお取りできない場合がございますことをご了承ください。

     

    その際は、適切な日時を改めてご提案させて頂きます。

  3. ③担当カウンセラーとカウンセリング

    担当カウンセラーとカウンセリング
    ご予約当日、お時間になりましたら担当カウンセラーとのカウンセリングとなります。

     

    対面カウンセリングの場合は、予定のお時間の10分前までにカウンセリングルームに起こしください。

     

    電話カウンセリングの場合は、予定のお時間になりましたら担当カウンセラーから直接お電話いたします。

     

    相談したいことや質問事項など、事前にメモなどしておきますと考えもまとまり、スムーズにカウンセリングを進められます。

     

    またどんな悩みでも相談可能ですので、気持ちを落ち着かせて安心して話をしてみてください。

     

    悩みや問題を100%解消し、心が軽くなるよう全力で精神的サポートをさせて頂きます。

クライアント様からのご相談・ご質問・利用者の声をご紹介します

カウンセリング利用者の声をまとめている女性カウンセラー

お申し込み方法

人間関係に関連するブログ記事


「振り回す人」に共通する「7つの心理」とは!?セルフカウンセリングで「振り回す人の心理」を自己分析してみよう!!

わがままを貫き通して妻と子供を振り回している夫

カウンセラーの杉本もゆるです。あなたに質問します。「振り回す人」ですか?それとも、「振り回される人」ですか?振り回す人も振り回される人も、どちらも良い傾向とは言えません。ただ、そんな抜け出せない輪に入り込んでしまっている人は数多くいるでしょう。振り回す人は自覚なくやってしまい、信頼を失う。振り回される人は疲れ果て、メンタルがボロボロに。振り回す側、振り回される側、どちらにしてもその輪から抜け出さないと良い人間関係は築けません。そこで今回は、振り回す人の心理や上手な付き合い方についてお話ししていきます。


「知りたがり屋な人」に共通する「8つの心理」とは!?セルフカウンセリングで「知りたがり屋な人の心理」を自己分析してみよう!!

他人のことを何でも知りたがるインナーチャイルドの女性

カウンセラーの杉本もゆるです。「ご結婚はされてらっしゃるの?」「旦那さんはどこにお勤め?」「息子さんの学校は?」なんていうふうにしつこいくらい情報を聞いてくる人、あなたの周りにはいませんか?どこにでもいるこの出現率の高い、知りたがり屋な人。質問攻めに遭うと、知ったところでその情報を何に使うのか噂話にでもされるのかと、不安な気持ちになりますよね。悪意があるのか純粋に聞いてきているだけなのかもよくわからない…と対応の仕方に頭を抱えている人の話もよく耳にします。そこで今回は、知りたがり屋な人の心理や特徴、対処法についてお話ししていきます。


「誘われない人」に共通する「8つの特徴」とは!?セルフカウンセリングで「誘われない心理」を理解して人気者になろう!!

友人が少なく飲み会に誘ってもらえない女性たち

あなたにはよく集まる仲間がいますか?また、会社や何らかのグループでも飲み会や集まりなどには、よく参加しますか?そもそも、そのような集まりによく誘われる方ですか?それとも誘われない方ですか?行くか行かないかは別として、自分だけ誘ってもらえなかった…なんてことがあったら、それはとても悲しいことです。「どうして自分だけ…誰かに意地悪されているのかな…」なんて思うかもしれません。でも本当は、誘ってもらえない原因は自分にあるかもしれないのです。そこで今回は、誘われない人の特徴と、人気者になるための改善策についてお話ししていきます。


「人間関係」や「友人関係」は数値化できる!?精神分析医が提唱するセルフカウンセリングで今すぐ「人間関係指標」をチェック!!

人間関係で悩んでいる2人の女性

あなたは友人の数や関わり方について、考えた経験ありませんか?「〇〇さんは友人が多くて毎日楽しそう…」とか、「〇〇ちゃんは本当に仲良しの友人がいて羨ましい…」など。学生時代は友人と毎日のように、時間を忘れるほど話したり遊んだりした人も多いと思います。社会人になると、どうしても仕事などで友人と会う頻度は減ると思いますが、そんななかでもうまく人間関係を築けていますか?今回はこの人間関係を数値化する方法と、人間関係が与える心のメリットをご紹介します。人間関係は、“友人の数が多いから良い”、“親友がいないからダメ”などと一概にいうことはできません。


【保存版】「人間関係に疲れた…」と感じた時のベストな対処法とは!?NLP心理カウンセラーの遠藤まなみが「原因と対処法」を具体的に解説!!

人間関係に疲れを感じているママ友たち

代表カウンセラーの遠藤まなみです。「人間関係に疲れた…」と感じた時はどのような対処法を取るべきですか?という悩みを抱えている方がとても多く、我がカウンセリングルームにも相談件数がうなぎのぼりに増えてきています。人は生まれた時から死ぬ時まで一人では生きていけません。逃げたくても逃げられないあなたにオススメの人間関係対処法を心理カウンセラーとしてアドバイスできればと思い今回は人間関係について書かせていただきます。両親が忙しかったり、親戚付き合いが少なかったりと幼少期に一人で過ごすことが多いと一人が当たり前の感覚が身につき人間関係を苦手に感じやすくなることがあります。