良い雰囲気の中で話をする女性クライアントと女性カウンセラー

カウンセラーの資格や権威は参考になるが主役はあくまでクライアント

カウンセラーに悩みや問題を相談してみようと思った時、数ある施設ルームやカウンセラーの中からどれ(誰)を選んだら良いのか迷ってしまうことってありますよね?

自分に合ったカウンセラーを選ぶ基準の一つとして、そのカウンセラーが持っているカウンセリング関連の資格や権威があります。たとえばカウンセラーの資格には、公認心理師(国家資格)、臨床心理士、交流分析士、行動療法士、家族相談士、産業カウンセラー、キャリアカウンセラー、心理相談員、教育カウンセラーなどがあります(ごく一部です)。

そしてそれらの関連した資格を取得する難しさから考えてみると、指定の大学院で専門的に学ばなければ取得できない「公認心理師」や「臨床心理士」の資格を持つカウンセラーは心理を扱う部門での専門家と判断できるでしょう。

ところが人の心を扱うカウンセリングでは、「心理の専門家」=「良いカウンセラー」であるとは必ずしも言えません。カウンセラーが持っている資格は、どういった知識や専門性を持っているかという1つの判断材料としておくべき必要があります。

なぜならカウンセラーの知識や専門性を知る手段として、資格は参考になりますが、抱えている悩みや問題を解決していくプロセスの主役はあくまでクライアントになります。

カウンセリングを受けるクライアントと、カウンセラーの「性格や考え方」や「経験や姿勢」が噛み合わなければ悩みや問題を解決できる効果はありません。

クライアントにとってカウンセラーの選択ミスは命取りと言っても過言ではありません。自分に合ったカウンセラーをきちんと選ぶことが、悩みや問題を解決する第一歩であると言えるでしょう。

「信頼できる気がする」「相性が良いと感じる」「この人なら相談してみたい」といった本人の気持ちが一番大切

信頼できて相性がよく相談してみたい女性カウンセラー
カウンセラーがどんなにたくさんの資格を持っていたとしても、最終的にクライアントにとっての悩みや問題を解決できなければカウンセリングの意味がありません。

たとえば、臨床心理士が専門的にあつかう問題は、生命に関わるような精神疾患であるケースが多いので、人間関係の悩みや家庭の問題には関心がないというのもしばしばあります。

そのためカウンセラーを選ぶ際は、取得している資格や権威だけで判断するのではなく、相談したい内容に関連した資格を持っているカウンセラーを選択する考え方が1つの基準になります。

ちなみに有名カウンセラーの心屋仁之助さんは、カウンセラーとしての資格は何ひとつ持っていないそうです。もっと言えば、大学の心理学部を出たわけでもないし、心理学関係の仕事に従事していたわけでもないそうです。

それでも心屋仁之助さんは「話を聞き入れる心の広さ」や「愛のある言葉」によって多くのクライアントの悩みや問題から救い出しています。つまりカウンセリングに必要なのは、資格や権威だけではないということです。

心理カウンセラーにとってとても重要な1番の基本は、クライアントの気持ちを分かってあげられるスキル、そして一緒に問題を解決してくカウンセリング技術なのです。

最終的にあなたに合ったカウンセラーは、やはりあなたにとって「信頼できる気がする」「相性が良いと感じる」「この人なら相談してみたい」といった本人の気持ちが一番大切になってきます。

そして自分に合ったカウンセラーからカウンセリングを受けられれば、悩みや問題をスムーズに解決できるように進めていけるでしょう。

最初からあなたに合ったカウンセラーと出会うのは簡単ではないのかも知れません。だからこそいくつか問い合わせしてみるなど、自分からどんどん行動していくのが大切なのです。

当社では「悩みや問題を本気でなんとかしたい」というクライントからのご相談を全力でサポートしています。あなたの「心の声」を聞かせてください。あなたの悩みや問題を、解決の未来へと進めていきます。

スタッフ一同心よりお待ちしております。どうぞお気軽にお問い合わせください。また各種サービスの詳細やよく頂くご質問(Q&A)、システムや料金について、うつ病診断チェック、アクセス・マップなどもぜひご覧ください。

その他不明点やご質問などございましたら、下記の「サービスメニュー」よりお気軽にお問い合せください。

当社では、法令上の義務と社会的に重要な責務として、お客様の個人情報保護を遵守しております。お問い合せ頂きました個人情報や内容については、プライバシーポリシーの観点から無断での情報開示、情報漏えいは一切ございませんのでご安心ください。