恋愛カウンセリングを受けている2人の女声
公開日:2018年10月12日/更新日:2021年10月14日
監修:遠藤まなみ(代表カウンセラー)

恋愛カウンセリングのメリットは大きく4つに分けられます

恋愛カウンセリングのメリットはたくさんあります。

 

まず1番のメリットと言えるのが、自分が恋愛で悩んでる原因を見つけ出せるというメリットと、その原因を追求して正確に修正できるというメリットです。

 

たとえばどんなに綺麗でスタイルがいい女性だったとしても、性格がキツく言葉遣いが悪ければ、男性がその女性を好きになる確率はとても低くなります。

 

またとても誠実でスタイルもよく素敵な男性だったとしても、ファッションセンスが著しく悪かったり、会話が続かないなどのコミュニケーションが不足していれば、女性がその男性を好きになる確率はとても低くなるでしょう。

 

これは理由を説明するまでもありませんよね?

 

つまり自分の恋愛を邪魔している原因を導き出しそれらを修正する行為が、未来の素敵な恋愛につながっていくという流れになります。

 

ここでは恋愛カウンセリングのメリットだけでなく、あえてデメリットも紹介していきます。

 

まずは4つのメリットから紹介していきます。

 

【メリット①】恋愛に必要なコミュニケーション能力を身に付けられる

スマホで友人とコミュニケーションを取っている女性
恋愛=コミュニケーション能力と言われるくらい、恋愛に1番必要だと言われているのがこのコミュニケーション能力です。

 

このコミュニケーション能力が著しく低いと、どんなに綺麗でスタイルが良くても、どんなに足が長くてカッコよくても最終的には「つまらない人間」という印象になり恋愛対象から外れてしまう可能性が高くなります。

【メリット②】魅力的なファッションセンスを身に付けられる

魅力的なファッションで仲良く散歩するカップル
恋愛に必要なエッセンスとしてファッションセンスが挙げられます。

 

「人は見た目が100%」という言葉がありますが、これはまさしく本当の真実なのです。

 

なぜなら見た目の印象が悪ければ、その相手と話をしようとさえ思わないからです。

 

そういった点では、相手が好印象を持つようなファッションセンスは恋愛を成功させる武器のひとつだと言えるでしょう。

【メリット③】日本人としての正しい話し方や言葉遣いを身に付けられる

愛情をハートマークで表現する若い女性
現代の日本で、正しい日本語を使ってる人はとても少ないと言われています。

 

口から発する言葉は、ファッションと同じく相手に様々な印象を与えます。

 

間違った話し方や言葉遣いをしてるより、もちろん正しい話し方や言葉遣いをしてる方が良い印象を与えるのは間違いありません。

【メリット④】好感を持たれるマナーや振る舞い方を身に付けられる

愛する女性にプロポーズをする男性
ファッションセンスや話し方、言葉遣いと同様に、相手に好感を持たれるマナーや振る舞い方、態度というものがあります。

 

たとえば態度が悪かったり当たり前のマナーができていなければ、どんなに綺麗に着飾っても、どんなに綺麗な言葉遣いをしていても相手には1発で悪い印象を与えてしまいます。

 

相手から好感を持たれるには多面的にスキルを身に付ける必要があります。

 

恋愛を成就させたいならば、これらのコミュニケーションスキルが重要なポイントになってきます。

デメリットを十分に理解して恋愛カウンセリングを受けるのがベスト


たくさんのメリットとは反対に、恋愛カウンセリングを受けることで起こってしまうデメリットもあります。

 

メリットの部分だけに注目するだけでなく、デメリットの部分も自分自身でしっかりと理解して、恋愛カウンセリングを受ける判断材料にすることが大切です。

 

それでは続けて1つのデメリットを紹介していきます。

【デメリット①】「自分では目をそらしている現実」に向き合うことが辛いと感じてしまうことがある

辛い経験を乗り越えて夫婦となった男女
逆に恋愛カウンセリングのデメリットと言わざるを得ないものもあります。

 

恋愛カウンセリングはメリットがたくさんありますが、恋愛カウンセリングのデメリットとしては恋愛の悩みや苦しみに対して「自分では目をそらしている現実」に向き合うことが辛いと感じてしまうことがあるという点です。

 

カウンセラーは恋愛カウンセリングを通じ、クライアントの恋愛をサポートするために的確なアドバイスをします。

 

ところが恋愛に対するアドバイスが的確過ぎて、クライアントの心に刺さってしまうケースが稀にあります。

 

またそういった場合は、クライアント自身がすでにそれに気が付いていることが多く、辛いがためにその現実から目をそらしているというケースがほとんどです。

 

だからこそカウンセラーからのアドバイスが辛いと感じてしまうわけです。

 

恋愛の悩みや苦しみに対して1人では前に進めないが、カウンセラーに相談して的確なアドバイスを基に前進していこうとしているクライアントにとって、恋愛カウンセリングは「自分では目をそらしている現実」に向きあう大きなチャンスと言えるでしょう。

まとめ

恋愛カウンセリングを受けて心が軽くなり笑顔になった若い女性
心理カウンセリングと言えば、クライアントが悩みを相談するためにカウンセリングルームを訪問し、カウンセラーに悩みや問題を相談しながら話を進めていくスタイルが一般的でした。

 

しかし現在においては直接対面で相談する以外に電話やビデオでの通話、メールやメッセージでのカウンセリングなど、様々な方法でカウンセリングを受けることが可能になりました。

 

そもそも恋愛の悩みや問題について冷静でいられるといったケースは稀で、人は好きな人や愛する存在ができると常にその人のことばかり考えてしまうものです。

 

また、

  • 好きな相手は自分のことをどう思っているのだろう?
  • 好きな気持を伝えたいけど断られたらどうしよう?
  • お付き合いしている恋人との間に起こっている問題。
  • 叶わない恋、何か(誰か)を犠牲を犠牲にしている恋愛。
  • 結婚や離婚、相手との間に起こっている問題。
  • 結婚したいができない、恋愛に疲れてしまっている。
  • どうすれば魅力的になれる?モテるようになれる?

 

など、恋愛についての悩みはどうしても感情的になってしまうものです。

 

そして「恋は盲目」ということわざがある通り、恋愛は人を夢中にさせ、理性や常識を失わせてしまうものだということです。

 

そんな時、恋愛の悩みや問題について、信頼できる人(家族や友人、心理カウンセラーなど)に迷わず相談してみましょう。

 

違う角度から見たアドバイスをもらうことで、あなたがあなたらしい自分でいられるような気持ちになるでしょう。

 

今回紹介した恋愛カウンセリングのメリットやデメリットを良く参考にして理解を深めて頂けると幸いです。