恋愛できない女性
公開日:2024年2月5日/更新日:2024年2月22日
監修:遠藤まなみ(代表カウンセラー)

彼氏は欲しいけど上手く恋愛できない!?セルフカウンセリングで恋愛の悩みを自己分析してみよう!


現代社会では、「恋愛できない女性が増加している」とよく聞かれますが、その背後にはいったいどんな真実があるのでしょうか?

 

こういったトレンドには多数の要素が絡んでいると考えてれていますが、実際には日本国内だけでなく、世界中で恋することを後回しにする女性が目立っているようです。

 

この記事を読んでいるあなたは、高い確率で恋愛に対する不安や課題を感じているのかも知れません。

 

まずは「恋愛できない女性」が抱える悩みを8個ピックアップしているので、あなた自身が同じようなケースに当てはまるかセルフカウンセリングしてみてください。

  1. 安定した収入を得ることや、キャリアを確率することに重点を置き、どちらかと言うと恋することを後回しにしてしまう傾向がある。キャリア思考を優先させてしまうため、経済的自立と恋愛のバランスを上手く取ることができない。
  2. 女は「◯◯歳までに結婚するべき」「結婚して家庭を持つべき」「子を産み育てるべき」といった伝統的な固定観念(ジェンダー役割のプレッシャー)と、自己実現(社会的自立、キャリア、個人的な目標など)の板挟みになり、恋することに臆病になってしまう。
  3. 恋愛市場において、自分の価値を低いと評価してしまう。たとえばメディアやSNSを通じて、外見や体型、ライフスタイル、キャリアの成功など常に他人と自分を比較してしまい、劣等感を抱いてしまう。自己価値観の低下、また恋することに対する自信も失っている。
  4. 過去の恋愛での失敗や拒絶などの経験から、新しい出会いや恋人関係を築くことに躊躇してしまう。たとえば「別れを告げられた」「告白したが拒絶された」といった経験がトラウマとなり、「また同じようなことが起こるかもしれない」という恐れを生み出し、自己防衛のために恋愛を避けてしまう。
  5. 男女で異なるコミュニケーションスタイル(女性は感情的な繋がりや会話を重視、男性は直接的で解決思考)のため、自分の感情や考え、本心を上手く言葉で伝えられない。簡単に言えば、相手とどうコミュニケーションを取れば良いのか分からない。
  6. 出会い系アプリやSNSなどのオンライン恋愛市場での出会いのチャンスは増えたが、競争が激しく(モテる人、モテない人が明確になる)、オンライン上の浅く表面的で短絡的な関係(複数の人とやり取り)、ゴースティング(突然連絡が途絶える、嫌なら即ブロック)などの経験により、恋愛へのモチベーションが低下している。
  7. パートナーへの過度な期待や理想が邪魔をして、失望や不満が大きくなり恋人関係を築くことができない。たとえば「SNSに投稿されるようなキラキラカップル」「映画のようなロマンチックなサプライズ」といったような非現実を求め、現実とのギャップに苦しんでしまう。
  8. 職業的、経済的、社会的地位を得ることができたが、恋愛対象においても相手に対して高い基準や期待をしてしまう。たとえば「自分よりキャリアや年収が上」「イケメンで年下」「教育レベルが高い(大学院卒以上)」「家庭環境(資産家、社会的地位など)」のような条件を追求してしまう。

 

いかがでしたか?

セルフカウンセリングをしてみて、自分に当てはまる項目はどれくらいありましたか?

 

当てはまる項目が3つ以上ある場合は、恋愛できない女性傾向に陥っている可能性が高いと思われます。

 

ただし上記のセルフカウンセリングの結果は、あくまで一般的なもので確定的なものではありません。

 

恋愛ができない理由は、上記だけではなく様々な原因や複合的な状況が複雑に絡み合っています。

 

もちろん女性が恋することに関連した研究や立証は継続していますが、これらの結果はあくまで参考程度で捉えて頂けると幸いです。

 

 

「個人的な魅力だけでなく社会的地位や経済力も重要」「心から信じ合える精神的なつながりを重視」「わがままを聞いてくれる存在」!?なぜ恋愛できない女性は「まともな恋愛関係が築けない」と言われてしまうのか!?


現代社会では、多くの女性が恋愛で苦労し、なかなか満足のいく恋人関係を築けない傾向にあります。

そもそも恋愛できない女性の問題の根本には、社会的・心理的な要素が深く関わっています。

 

特にパートナーと感情的に親密になることへの不安や恐れ、過去の恋愛失敗のトラウマ、メンタルヘルスの問題(対人恐怖、うつ病、不安障害、強迫性障害など)、依存症の行動(アルコール、ギャンブル、薬物、ショッピングなど)などが、恋愛への積極的なアプローチを妨げている原因となっています。

 

また恋愛できない女性が相手を選ぶ基準としては、基本的に社会的地位や経済力を重視し、自分にとって安定感のあるタイプを求める傾向があります。

 

そんな女性が恋人に選びがちな相手の条件としては、

  1. 社会的地位や経済力がある人:個人的な魅力(ユーモア、思いやり、優しさ、人間性など)はもちろん、社会的地位の高い職業(医師、弁護士、経営者、芸能人、政治家など)や高い経済力を持つパートナーを好む。安定した生活に魅力を感じる。
  2. 信頼できる精神的な結びつき:パートナーとの性的な肉体関係だけでなく、心から信じ合える精神的なつながりを重視している。お互いが常に一途であり、他の人との関係(浮気、不倫など)に走らないことを強く望む。
  3. 共感力、理解力がある人:自分の感情や考え方を深く理解し、そんな自分に共感してくれるパートナーを求める。また精神的だけでなく感情的なつながりも重要で、パートナーが自分の一番の理解者(わがままを聞いてくれる存在)であることを求める傾向がある。

といった3つが挙げられます。

 

これらの条件は、恋愛できない女性がパートナーに対して重要視しているポイントとなります。

 

ただしこれらは一般的な傾向(大多数)として挙げているので、個人個人によってはそれぞれの強弱やバランスの偏りはあります。

<参考情報>

 

 

「恋愛できない女性」に共通する「9つの特徴」とは?セルフカウンセリングであなたの恋愛傾向を自己分析してみよう!!


それでは、恋愛できない女性に共通する9つの特徴を紹介します。

 

この9つのケースをじっくりと読み進めていきながら、セルフカウンセリングで自己分析してみましょう。

 

自分に当てはまる項目があるかイメージするととても効果的です。

 

【特徴①】自分に自信が持てない


恋愛できない女性は自己否定とネガティブ思考が強く、また自己評価が低く自信がないことから、恋愛モードへ踏み込むことに障害を感じる傾向があります。

 

その原因としては、

  • 自分の外見や体型にコンプレックスがある。
  • 毎日鏡を見るたび自分に不満を感じる。
  • 友人や知人の成功話を聞いて劣等感を抱く。
  • SNSの意識高い系投稿やキラキラ投稿と自分を比較する。
  • 過去の失敗経験(片思い、告白したが見事玉砕、失恋、二股されたなど)がある。

といったようなケースが挙げられます。

 

自分にとって辛い、悲しいと感じる経験が、自己否定とネガティブ思考を強くさせ、恋愛に対してとても臆病になっています。

 

【特徴②】パートナーに対する理想や基準が高すぎる


恋愛できない女性はパートナーに求める理想や基準が非常に高く、またパートナーに対して完璧主義的な考え方(◯◯であるべき、◯◯でなきゃ駄目、◯◯はありえないなど)があり、欠点や過ちに対して過剰に注意する傾向があります。

 

たとえば、

  • 年齢、職業、年収など一定の条件(譲ることのできない自分基準)に合致しないとそれ以上関係を進展させない。
  • 映画やドラマに出てくるような理想的な恋愛をロマンチックに捉え、理想のパートナー像に近い人が見つからないとその先に踏み出さない。
  • マイナーフォルト(相手の小さな欠点や過ち)に過剰に反応し、それを大きな問題と捉え、相手を許さない。具体的には、遅刻癖(ぐせ)や小さな浪費、ちょっとしたミス、やり取りの頻度、趣味や趣向の違いなど。
  • 友人や周囲の意見(例:もっと素敵な相手がいるはず)に強く影響を受け、その意見に引っ張られパートナーへの理想をさらに高める。
  • オンライン上の出会い系アプリでパートナーを選ぶ際に、写真やプロフィールの他、細かい欠点などを探し出してダメ出しする。自分で恋愛のハードルを上げている。

といったものが恋愛できない心理的背景となっているようです。

 

また高い理想や厳しい基準に対する現実のギャップを受け入れることができず、現実的な恋人関係を築くことがとても難しくなっています。

 

【特徴③】コミュニケーションスキルが不足している


恋愛できない女性は、男性とのコミュニケーション全般において苦手意識が高い傾向があります。

 

たとえば男性とのデート中でも、

  • 対人恐怖や不安が強いため、初デートで緊張し過ぎて会話や仕草が不自然になってしまう。
  • 感情の表現が上手くできず、気になる相手に自分の素直な気持ちを伝えることができない。
  • コミュニケーションを過度に分析し、相手の言動やメッセージの裏(心理)を読み込もうとする。
  • 自然な会話のキャッチボールができず、何の進展もないまま関係が自然消滅してしまう。
  • 言葉や態度の意味が正しく伝わらず、関係構築どころか混乱やトラブルが生じてしまう。

といったような何気ない日常の場面でのコミュニケーション不足が、恋愛できない女性にとって大きな障害となります。

 

つまり、コミュニケーションスキルの不足が恋愛関係の発展を妨げている原因のひとつとなっているのが現実です。

 

【特徴④】社交的活動の機会(男性との出会い)が少ない


自分に自信が持てず、対人コミュニケーションも苦手という点から、人と交流したり、新しい環境に順応することにも苦手意識を感じてしまいます。

 

そのため共通の趣味やイベントといった社交的な場面に参加する機会を避ける傾向があります。

 

具体的には、

  • 自宅や仕事場にこもりがちで、休日は外出せず一日中パジャマのまま。
  • 合コンや婚活パーティーに誘われてもなにかと理由をつけて断る。
  • 特定のサークルにしか参加せず、新しい交流の場に参加しようとしない。
  • 出会い系アプリやSNSの恋愛に消極的で、そういう出会いに抵抗を感じている。
  • 友人や知人からのパートナー候補紹介を当たり前のように断る。

などのように、新しい出会いや交流のチャンスを自ら消滅させています。

 

基本的に人との関わり合いをストレスと感じていて、その思考が恋愛のスタート地点にも立てない状況を作り出しています。

 

【特徴⑤】男性に対して奥手で積極的なアプローチをしない


「恋愛をしたい」という考えが強くても、自分から男性に対して積極的なアプローチをすることが難しいと感じてしまう傾向があるようです。

 

たとえば、

  • 自分からデートの提案やアプローチができず、相手に対して控えめな態度を取ってしまう。
  • 恋をすることに対して慎重すぎて、感情や気持ちを表現するのに時間がかかる。このことが相手に対して奥手に見える要因となる。
  • そもそも「恋愛のアプローチは男性からするもの」という固定観念があり、自分から恋のステップ(コミュニケーション、告白、お付き合いなど)を踏むことに抵抗がある。
  • 実際の経験が少ないため、男性に対してどのようにアプローチすれば良いのか分からない。
  • 過去の失恋や拒絶などの経験から、恋愛に対しての不安や恐れがある。

などのように、恋愛に対する不安や恐れが背景にある「受け身姿勢的な思考」が原因で、自分が好意に思っている人との関係構築が難しくなります。

 

もちろん男性側から積極的にアプローチしてくるケースもありますが、常に受け身だと相手もストレスを感じ、恋愛関係を上手に構築し続けていくことは難しいと言えるでしょう。

 

【特徴⑥】一人の時間を大事にし、自己成長に焦点を当てている


恋愛できない女性の特徴の一つとして、一人の時間を重要視していて、独立心や自己成長を最優先させている傾向があります。

 

具体的な事例を挙げると、

  • 週末のお休みはアートクラスに通い、絵画技術を向上させている。
  • 英語スキル向上のために、オンラインコースで日々学習している。
  • ヨガにハマっていて、自宅、スタジオ、公園などでストレスを発散している。
  • 「月に◯◯冊以上本を読む」と目標を立て、時間があれば常に読書をしている。
  • 一人旅の自然散策や登山が好きで、カメラ片手に美しい景色や風景を撮影している。
といったように、恋愛より優先している時間が多く、それによって本人は充実感を得ています。

 

しかし結果として自ら恋愛できない環境を作り出しています。

 

また恋愛に発展するようなチャンスが訪れたとしても、自分時間を最優先する思考なので恋愛発展のスピードも遅く、結局相手側が呆れ果てて離れて行ってしまうというケースも多いようです。

 

これらは現実世界へのストレスや不安、対人恐怖などの心理背景も関係していると言われています。

 

【特徴⑦】プライベートが充実していて結婚願望がない


恋愛できない女性の特徴の一つとして、プライベートが充実していて楽しいので恋愛や結婚への憧れや願望が低いという傾向があります。

 

その背景となっている例を挙げると、

  • 経済的に自立、安定しているので結婚の必要性を感じない。子供も欲しいと思わない。
  • 友人との付き合い、夢中になれる趣味、旅行などプライベートが充実している。
  • ひとりで過ごす時間を楽しみたいので、自分のペースや好きなことを大切にしている。
  • 高収入、高学歴、高身長、イケメンなど特定の条件を満たす男性以外は対象外。
  • 今が幸せなのでそれで十分。恋愛、結婚、家庭を築くことが自分の人生において1番ではない。

などの考え方が強いと言われています。

 

もちろんこの考え方がずっと続くというわけではありませんが、少なくとも自立した生活を送り、充実したプライベートライフを楽しんでいる状況では、恋愛や結婚に対して「急がず、妥協せず、後回し」と考えてしまうようです。

 

【特徴⑧】過去の恋愛経験がトラウマとなっている


恋愛にトラウマがある女性は、過去の経験における影響が新しい恋に踏み出すことを難しくしている傾向があります。

 

たとえば、

  • 過去のパートナーのSNSから、他の女性との浮気の証拠を見つけてしまった。
  • 付き合い始めはとても優しかったが、徐々に暴言(モラハラ)や暴力(DV)を受けるようになった。
  • 大好きな人だったが、事件や犯罪を起こしても反省もしないような人格だった。
  • 常に支配的で嫉妬深く、自由を奪われるような振る舞いを受けた。
  • パートナーを深く愛していたが、突然別れを告げられ心の傷が癒えるのに時間がかかった。

などのように、恋愛において辛く悲しい経験をすることで心にブレーキをかけてしまいます。

 

「信頼の喪失」「過度な不安」「感情の抑制」といったものがトラウマとして心理面に影響し、恋愛に対して悪いイメージ(恋をするのは楽しくない、良いことない、幸せになれない)を心に植え付けてしまっています。

 

【特徴⑨】精神面の問題を抱えている


恋愛できない女性の特徴には、精神面におけるメンタルヘルスの問題を抱えているケースもあります。

 

これまで挙げてきたそれぞれの特徴にも大きく関連していて、それらが原因で

  • 社会不安障害、恋愛関連不安、パニック障害。
  • 孤独感、うつ症状、不安障害。
  • 現実逃避、引きこもり、依存症。
  • 言語コミュニケーション障害、非言語コミュニケーション障害、目を合わせる恐怖。
  • 対人関係恐怖症、対人緊張、恐れの社交的回避、対人コミュニケーション障害。

などの精神的な問題を発症してしまいます。

 

これらの状態に陥ってしまうと、恋愛が難しいというだけでなく、日常生活や社会活動においても大きな障害もたらす結果となってしまいます。

 

 

恋愛できない女性を卒業するにはどうすれば良い!?恋愛するのが楽しくなる「5つの改善方法」を徹底解説!!


恋愛できない女性を卒業するにはどうすれば良いのでしょうか?

現時点で分かっていることは「今のままでは恋愛できない女性のまま」ということです。

 

これから恋愛が楽しくなるアプローチ方法を大きく5つに分け解説していきます。

一つひとつの改善方法に対して強い意志でアプローチしていきましょう。

 

ポイントは「チャレンジ精神」です。

 

【改善方法①】自分を受け入れ自信を持つ


恋愛できない女性を卒業するには、まず自己否定をやめネガティブ思考を払拭することです。

 

たとえば前述の「恋愛できない女性の特徴①」で挙げた、

  • 自分の外見や体型へのコンプレックス。
  • 鏡を見たときの自分への不満。
  • 友人や知人の恋愛成功話に対する劣等感。
  • SNSの意識高い系やキラキラ投稿と自分の比較。
  • 過去の恋愛トラウマ。

のようなケースは日常的に経験することが多いと思われます。

 

そうなると自己否定やネガティブ思考に陥りやすいと言えるのかも知れません。

 

しかし状況をそのまま放置しておくのではなく、まずは自分を理解し受け入れるためのアプローチを実践してみて下さい。

 

具体的には、

  1. 自己理解:自分の強みや弱みを紙に書き出し、ありのままの自分を受け入れることが大切です。自己反省や日記を書くことで自己理解を深めましょう。
  2. 他人との比較を避ける:他人との比較は自己評価を下げる原因となります。他人との比較を意識的に避け、自己成長に焦点を当てるようにしましょう。
  3. ポジティブな言葉を使う:肯定的な言葉やアファメーション(プラス思考)を活用し、自己肯定感を高めましょう。例えば、「私には価値がある」「私は素晴らしい」「私は自分の道を歩んでいる」といった言葉を繰り返し心に刻みましょう。
  4. 感謝の習慣を持つ:「目が見える」「言葉が話せる」「ご飯が食べられる」「布団で眠れる」など、日常生活で感謝できることを意識しましょう。健康や基本的な幸せに感謝する習慣を持つことで、ポジティブな自己感情を養うことができます。
  5. 専門家の支援を受ける:自己受容(自分を受け入れること)が難しい場合は、心理カウンセラーやセラピストの支援を受けることも選択肢のひとつとして考えましょう。他人の力を借りることで自己成長を効率的にサポートすることが可能です。

これらのアプローチを積極的に実践することで、自己受容が促進され、自己肯定感が向上します。

 

自己否定やネガティブ思考も消滅し、恋愛対して自信を持つ第一歩となります。

 

【改善方法②】コミュニケーションスキルを向上させる


恋愛はもちろん、人間関係においてコミュニケーションは極めて重要です。

コミュニケーションスキルを向上させることで、恋愛や人間関係を円滑に築くことができます。

 

大切なポイントは以下になります。

  • 相手の話をよく聞き、理解しようと心掛ける。
  • 質問を通じて相手の意見や感情を尊重し、対話を深める。
  • 自分の考えや感情を率直に伝える練習をする。
  • 身振り手振り、表情、目の動きなど、非言語コミュニケーションにも注意を払う。
  • 会話の中で相手の反応を観察し、自分のコミュニケーションスタイルを調整する。

これらの要素を意識的に取り入れることが重要ですが、単に意識するだけではスキルの向上は難しいこともあります。

 

自己練習に加えて、コミュニケーションに関する書籍を読んだり、セミナーやワークショップへの積極的な参加も、恋愛や人間関係における障害を克服する手助けとなります。

 

【改善方法③】社交的なイベントや活動への参加


素敵なパートナーとの出会いや恋愛を求めるなら、自分がどれだけ主体的に行動することができるか?という部分がポイントになります。

 

たとえば、

  • 休日はゆっくり寝て過ごす。布団から出ない。
  • 朝から(もしくは夜中)オンラインゲームに熱中する。
  • 友人とワイワイ楽しい時間を過ごす。
  • ひとり趣味(読書、ヨガ、料理、ウォーキング、美術、音楽、ガーデニング)に没頭する。
  • 女性同士で共通の興味を持つグループやイベントに参加する。

このような日常の選択は、たしかに心地良くて楽しいことかも知れませんが、恋愛に発展するための環境とは言えません。

 

女性だけでなく、男性も共通で楽しめる趣味のグループやイベントに、積極的に参加することをオススメします。

 

日常生活での具体的な例を挙げると、

  • スポーツクラブ、読書会、アートクラス。
  • 社交的なパーティーやフェスティバル、ワークショップ。
  • 地域のボランティア活動。
  • オンラインのコミュニティや実際のイベントへの参加。
  • 友人や知人の紹介による新しい社交的なグループの参加。

これらの行動によって、新しい人々との出会いの機会が増えて恋愛に繋がる可能性が格段にアップします。

 

【改善方法④】恋愛に対する考え方を見直す


素敵なパートナーと出会い、恋に落ち、恋愛を継続させていくには、これまで自分の心の中に持っていた「歪んだ恋愛観」を見直す必要があります。

 

こちらも前出の「恋愛できない女性の特徴②」で挙げた、

  • 年齢、職業、年収など一定の条件(譲ることのできない自分基準)がある。
  • 理想のパートナー像でないと恋愛に踏み出さない。
  • マイナーフォルト(相手の小さな欠点や過ち)に過剰に反応する。
  • 友人や周囲の意見に強く影響を受け、その意見に引っ張られる。
  • 恋愛アプリでパートナーを選ぶ際の、相手に対しての基準が厳しい。

といった考え方を根本から見直さなくてはなりません。

 

恋愛と言っても基本は人と人との交流です。

 

お互いを理解し、価値観を認め合い、助け合い、思いやりの心をもって平等に接していくことが大切です。

 

具体的なアプローチ方法としては、

  • リアルなカップルの声や恋愛に関する記事や書籍を読むなど、現実的な恋愛の考え方を身に付ける。映画やドラマと現実の違いを受け入れ、理解することを心掛ける。
  • 自分のパートナーについての理想と現実を実際に書き出し、それらを比較する。パートナーの良いところを認識し、短所や改善点を受け入れる練習を行う。心理学を学び、相手の感情や思考を理解しようとする姿勢を持つ。
  • 歪んだパートナーへの価値観について、専門の心理カウンセラーやセラピストに相談する。認知行動療法などを活用し、固定観念や行動パターンを柔軟に改善し、恋愛に対する考え方を修正する。

が挙げられます。

 

これらのアプローチは恋愛だけに限らず、日常生活や人間関係においても重要です。

 

自分自身を向上させ、魅力的な存在となるために努力し続けることが大切です。

 

【改善方法⑤】心の健康状態(メンタルヘルス)を良好に保つ


心の健康状態(メンタルヘルス)を良好に保つことは、恋愛できない女性を克服する重要なポイントの一つです。

 

心がネガティブな状態(自己否定、辛い、悲しい、諦め、挫折、トラウマなど)では、恋愛どころか日常生活にも大きな悪影響を及ぼします。

 

心の健康状態を良好に保つ具体的な方法としては、

  • 日常生活において、ストレスから解放される時間を確保し、健康的な生活リズムを作っていきましょう。特に、自分に合った十分な睡眠時間を確保することは重要です。
  • 食事に関しては、栄養バランスの取れた食事を心がけ、適度な運動を組み合わせて、心と体の調子を整える生活習慣を築きましょう。言葉にすると簡単そうですが、強い意志を持って継続させることが重要です。また喫煙や過度の飲酒は控えるようにしましょう。
  • ストレス軽減のために、心理学やリラクゼーションテクニック、マインドフルネス、瞑想(メディテーション)などの技術を学び、日常生活に取り入れましょう。
  • もし精神的な問題に直面している場合は、専門の心理カウンセラーやセラピストに相談することを検討し、適切なサポートを受けながらメンタルヘルスの問題に取り組みましょう。

これらのアプローチがとても効果的です。

 

心の状態が安定すると体調も安定し、考え方に対しても大きな変化が出てくるようになります。

 

またポジティブ思考を継続させていくことで、自分に自信を持つことができるようになり、恋愛に対しての積極性も生まれてくるようになります。

 

 

【まとめ】恋愛できない女性問題の克服に必要なのは「現実を受け入れ自己受容する」こと!大切なことは「認知の歪みを修正する」ことと「コミュニケーションスキルを磨く」こと!!


いかがでしたか?

 

恋愛できない女性に関する特徴や傾向、そして恋愛できない理由や改善方法について詳しく紹介しました。

 

恋愛できない女性タイプの場合、ネガティブ思考で自己評価が低く、相手に対しての理想や期待が高すぎることがしばしばあります。

 

しかし、医学的な治療や薬物療法は必要ではなく、メンタル的なトレーニングや精神療法といった自己改善が非常に効果的です。

 

先に挙げた「恋愛するのが楽しくなる5つの改善方法」を参考に、「恋愛できない女性」というイメージを覆し、素敵なパートナーとの出会い、そして恋人関係を築いて下さい。

 

もしこの記事を読んで「まだちょっと恋愛には自信が持てないかなぁ」と感じてしまったとしてもがっかりする必要はありません。

 

なぜなら、あなたはまだこの記事を一度しか読んでいないからです。

 

理解できない部分がある場合は、何度も読み返してみて下さい(どんな情報でも、7回以上読むことで記憶が脳に自然に定着すると言われています)。

 

今のあなたにとって「恋愛できない女性」を卒業するヒントを必ず掴み取ることができるからです。

 

分かりやすく表現するならば、「今の自分を知り、どのようにして世の中(社会生活、人間関係、恋愛など)に自分を上手く適応させていくか」ということが1番大切な部分になります。

 

もし今のあなたが、恋愛できない女性として悩んでいるのだとしたら、まずはほんの少しだけでいいので勇気を出してみて下さい。

 

そして今までの自分自身を受け入れ、真正面から向き合い、歪んでしまった考え方を改善し、「どうすれば人を心から愛し、人から愛される人になれるか?」ということに全力で取り組んでみて下さい。

 

その勇気ある行動が、あなたにとって本当の幸せを感じられる恋愛を生み出すことに繋がっていくことでしょう。

 

最後に、恋愛は年齢や性別に関係なく、人々の心を惹きつける不思議な力を持っています。

また恋愛は、生きている限りいつでもどこでも誰にでも訪れる可能性があります。

 

この世に生まれたあなたは、尊い存在のあなたでしかありません。

 

だからこそ、人生を彩(いろど)る素晴らしい冒険である恋愛の新しい扉を、あなた自身の力で開いて下さい。

 

この記事があなたの心を軽くし、あなたの人生、恋愛を前向きな方向に導く手助けとなれば幸いです。

 

 

「恋愛できない」の関連記事